TOPへ↑
MDaemonメールサーバーソフトウェア

MDaemonライセンスについて

ライセンス体系

ライセンスのカウント方法

MDaemonのライセンスは、稼働サーバー毎に1ライセンスが必要です。MDaemonのライセンスは、エディションとユーザー数で区別されています。エディションには、フリー、Lite、Proの3つがあり、利用できる機能がそれぞれ異なります。 ユーザーのメールボックス数を、ユーザー数としてカウントしています。このため、メールボックスを持たないエイリアスやメーリングリストの数は、ライセンスとしてカウントされません。

ページトップへ

MDaemonライセンスの種類

  • 新規: 新規にご購入頂く際のライセンスです。
  • 更新: 現在サポート契約中のライセンスを、サポート期間内に更新する際のライセンス
  • 再開: 現在サポート契約中のライセンスを、サポート期間満了後に再契約する際のライセンス
  • アップグレード: LiteからProエディションへの変更や、ユーザーを追加する際のライセンス

新規

新規にご購入頂く際のライセンスには、365日間のサポート期間が含まれます。複数年(n年 x 365日)のライセンス契約にも対応しています。MDaemon管理画面からご購入頂いた新規ライセンス情報を登録して頂くと、サーバーのハードウェア情報を使って、アクティベーションを行います。

ご注文の際には、ライセンス登録に必要な情報を、「購入申請書」へご記載の上、Faxまたはメールにてお送り下さい。なお、サポート期間は、ライセンス発行と同日に開始致しますので、(運用開始日までの日数が空いている場合など)ライセンス発行日の調整が必要な場合は、その旨お知らせ下さい。

更新

既にライセンスをお持ちのお客様が、サポート契約期間内に、契約を延長する際には、更新ライセンスが適用されます。サポート更新期日を過ぎた場合、サポート再開費用でサポートをご購入頂く必要がございます。

サポート更新をご購入頂いた場合、現在お持ちのサポート期間と重複期間がある場合であっても、ご購入頂いたサポート日数が現在のサポート期間に追加されますので、早期にご購入頂いた場合であっても、サポート期間の重複は発生致しません。

期間内でのご利用頂けるサポート内容としては、大きく次の2点となります。

  • お問い合わせサポート窓口
  • 製品のアクティベーション権利

サポート内容の詳細につきましては、こちらをご覧ください。

再開

既にライセンスをお持ちのお客様が、サポート契約期間を満了後、再契約を行う際には、再開ライセンスが適用されます。

サポート再開の場合は、サポート期間の遡りはなく、サポート再開のご注文日から365日間のサポートとなります。

アップグレード

エディションを上位のもの(LiteからPro)へ変更したり、社員の増加によるユーザー数の追加を行う事を、MDaemonでは「アップグレード」と呼んでいます。アップグレード価格チェックより、アップグレードライセンス価格がご確認頂けます。

、アップグレードを行った場合でも、サポート更新時期に変更はありませんので、ご注意下さい。

ご購入の流れ

ウェアポータル取扱製品は、当社や当社のオンラインショップ、または 当社販売パートナー様よりご購入頂けます。

販売パートナー様からのご購入

ウェアポータル取扱製品は、 当社販売パートナー様よりご購入頂けます。お見積り等につきましては、販売パートナー各社様へお問い合わせ下さい。



当社からのご購入

ウェアポータル取扱製品を当社からお買い求め頂くには、お見積りをご依頼いただくか、オンラインショップをご利用下さい。





関連ファイルダウンロード

ご購入は、ライセンスの発行を行うため、購入申請書と注文書をお送り頂く必要があります。注文書はお見積りをご依頼頂いた際にもお送りしておりますが、こちらからもダウンロード頂けます。また、購入申請書は、各製品の価格ページよりダウンロード頂けますので、そちらをご覧下さい。

価格表や、ご購入時に必要な注文書及び申請書はこちらからダウンロード頂けます。
(価格表はPDF, 注文書・申請書はxls形式です)

ご購入後、メールにてライセンスキーをご案内させていただきます。プログラムをダウンロードし、ライセンスキーをご登録頂くと、製品版として動作致します。メディアの郵送をご希望のお客様は、メディアオプションを併せてご注文下さい。

ページトップへ

関連製品・オプションライセンス
取扱い製品のご紹介
WarePortal