TOPへ↑
MailStore

MailStore Serverのメリット

MailStore Serverは、あらゆるメールシステムに対応したメールアーカイブソフトウェア製品です。MailStore Serverは、セキュリティ、システム、利便性、それぞれの観点から、次のような優位性を持っています。

MailStoreのセキュリティ製品としてのメリット

メールの保管ポリシーで必要な期間毎のアーカイブデータを管理

MailStoreはアーカイブしたメールデータを1年毎、3ヶ月毎、など、期間毎に管理する事ができます。例えば、アーカイブしてから2年間はアーカイブされたメールデータの削除を禁止したりするポリシー設定も行えます。長期間に渡るメールデータの管理も楽に行えます。

改ざん防止機能や監査ログでデータの完全性を保証

MailStoreでアーカイブされたメールは、管理者でも削除できないように設定することができます。また、データは暗号化により安全に保存されハッシュ情報による改ざんチェックにより、完全性が保証されます。

ページトップへ

メールシステムとしてMailStore導入のメリット

メールサーバーの負荷を軽減

MailStore Serverは、アーカイブした後メールサーバー上にある一定期間以上経過したメールを自動削除する事ができるため、メールサーバーのディスク容量やメモリなどの負荷を軽減する目的でもご利用頂けます。

過去のメールも一括アーカイブ

MailStore Server

MailStore Serverは、導入後のメールアーカイブはもちろん、導入前にクライアントに取り込んだ過去のメールも一括アーカイブできます。サーバー上に蓄積されたメールはもちろんのこと、メールクライアントで既に取り込んだメールもアーカイブ対象にできるため、メールシステムの入れ替えにお使い頂く事もできます。

最初のアーカイブを実行すると、次回からは差分のみをアーカイブ対象とするため、過去のメールも、今後のメールも、意識する事なく保管できます。

あらゆるメールシステムに対応

MailStore Serverは複数のメールアーカイブ手法に対応しており、以下のような、あらゆるメールシステムのメールアーカイブを行う事ができます。

MailStore Server
  • Microsoft Exchange Server 2003,2007,2010
  • Microsoft Office 365を始めとした各種クラウドサービス
  • MDaemon Messaging Server
  • IMAP/POP3対応メールサーバ
  • OutlookやThunderbird内に取り込んだメールデータ
  • PST、EML、MSGなど各種フォーマットのメールファイル
ページトップへ

MailStoreによる利便性の向上

エンドユーザーが自分のアーカイブデータへアクセス

MailStore Serverで取得したメールのアーカイブは、管理者だけでなく、エンドユーザーからも接続し、便利にご利用頂けます。各エンドユーザーは、自分の送受信したメールアーカイブにだけアクセスする事ができ、アーカイブしたメールの添付ファイルも含めて、高速検索が行えます。メールアーカイブが、社内の監査や証拠保全に留まらず、ユーザーの利便性を高める目的でもご活用頂けます。

独自の高速検索技術で利便性を強化

MailStore Serverは、メールのアーカイブを検索するための独自高速エンジンを搭載しています。検索対象には、添付ファイルの中に含まれる文字列も指定でき、もちろん日本語にも対応しています。

ページトップへ


ユーザー登録やダウンロードはこちらから

Copyright c 2013-2015 WarePortal